院長ブログ

BLOG

うえだ整形外科クリニックのリハビリの方針について

こんちには!
令和3年8月に西尾市一色町に開院予定のうえだ整形外科クリニック 院長 上田英範(ひでのり)です。

本日は当院の目指すリハビリについてお話できればと思います。

リハビリと言われると皆様何を思い浮かべるでしょうか?
年代やご自身の抱える疾患によってイメージするものは異なるかもしれませんが、おそらく少なからず「マッサージ」をイメージされるのではないかと思います。

徒手的に筋肉の硬さを和らげることは確かに効果があるのですが、当院が目指したいのは運動療法です。
「マッサージ」を受けることによって、一時的には腰痛や頚部痛が和らぐことはあると思うのですが、それだけでは症状は再燃します。
症状を起こした原因となる動作や姿勢を解析し、それを是正する運動(ストレッチ、体操、筋力トレーニング)を指導する、このような運動をすれば痛みが減るんだということを患者さん自身に知っていただいて成功体験を積み重ねることによって最終的にはリハビリから卒業できる、このようなリハビリを目指していきたいです。

厚生労働省 e-ヘルスネット 運動療法
公益財団法人 長寿科学振興財団 健康長寿ネット 運動療法 種類と目的
厚生労働省 健康日本21 身体活動・運動

もちろん、患者さんの中には運動療法ではなく、「マッサージ」を求めて来られるのではないかと思います。
中には人の手ではなく、「機械で電気をながしてほしい」(物理療法)を求めていらっしゃる方もいらっしゃいます。
患者さんのニーズに合う治療をすることは私の大切なテーマですので、ご希望を拒否してまで運動療法を強制しようとは思っておりませんのでご安心ください。

写真はクリニックのリハビリ室の外壁です。
こちら側の外壁は完成に近づいてきてますね。

では、また!

うえだ整形外科クリニック 医師 上田英範