診療案内

MEDICAL

PFC-FD療法について
PFC-FD治療について

近年注目されている再生医療

PRP療法というものはご存知でしょうか?
PRPとは、Platelet Rich Plasmaの略で、血小板を豊富に含んだ成分のみを抽出し、患部に注射する治療法のことです。
血小板には成長因子が含まれており、それが組織の修復を促すことで、治療効果を発揮します。

PFC-FD療法とは

PFC-FD(Platelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dry) 療法とは、血小板から細胞成分を取り除いて成長因子のみを抽出し、それを凍結・乾燥させたものを患部に注射する治療法になります。
成長因子には組織の修復を促す効果があり、それにより鎮痛効果が得られます。
従来の治療法で痛みのコントロールが十分にできなかった方に対して、おすすめの治療法になります。

PFC-FD療法の適応と考えられる疾患

膝の痛み(変形性膝関節症)
・肘の痛み(上腕骨外側上顆炎→いわゆるテニス肘、上腕骨内側上顆炎→いわゆるゴルフ肘)
・腱の痛み(アキレス腱炎、膝蓋靱帯炎)
・ふくらはぎなどの肉離れ後の痛み
・靱帯の損傷(肘の内側側副靭帯損傷、足首の靭帯損傷など)
などに適応があります。

特に、膝の痛み(変形性膝関節症)に対しては、良い適応と言われております。

PFC-FD療法の流れ

①診察
問診、診察、レントゲン検査、エコー検査などを行い、PFC-FD療法の適応があるか判断します。

②採血
約50mlほど採血を取らせていただきます。

③PFC-FDの作成
この間約3週間ほどお待ちいただきます。

④PFC-FD完成
ご来院いただき、患部に注射します。
PFC-FDは約半年間保存可能です。

PFC-FD療法のメリット

①簡便である
患者さんはクリニックにご来院いただき、採血をして、約3週間待つだけです。
入院の必要はありません。

②安全性が高い
自身の血液成分から作成しますので、拒絶反応の心配はありません。

③手術を回避できる可能性がある
手術を回避したり、先延ばしにすることができる可能性があります。

PFC-FD療法のデメリット

①高額である
保険適応外であるため、治療費が高額となります。
治療費に関しては、後述いたします。

②一般的な注射の副作用が出る可能性がある
皮下の出血、感染、痛み、赤みなどの副作用が出る可能性はあります。

③100%効果がある治療法ではない

PFC-FD療法の費用

PFC-FD療法は、保険適応外の治療法です。
当院では、「採血」、「実際にPFC-FDを注射」、「注射後1週間目の受診」の3回の受診を165,000円(税込)で行っております。

※初回採血時点で費用のご負担をお願いしておりますので、ご了承ください。
※薬の処方やリハビリがある方は、薬の処方やリハビリを受けた日とは別の日に採血する必要がありますので、ご了承ください。

PFC-FD療法の注意点

①PFC-FDを作成する前に、採血でいただいた血液を用いて感染症検査が行われます。
その検査で、HBV(B型肝炎ウイルス)、HCV(C型肝炎ウイルス)、HIV、梅毒、HTLV-1などの感染症が陽性になった場合は。PFC-FDが作成できません。
その際には、感染症検査で必要になった料金16,500円(税込)をご負担いただきます。

②PFC-FD療法は軟骨を再生させる治療法ではありません。
血小板から抽出した成長因子を注射して、自己修復能力の活性化、抗炎症作用により痛みを抑える治療法です。

③PFC-FD療法はリハビリと組み合わせると効果的です。
注射後は積極的に運動をしていただいたり、リハビリに通っていただくとより効果的です。

Q&A

Q.どの程度の効果がありますか?また続きますか?

A.現状はまだどの程度の効果があるのか、どの程度続くのかはっきりした医学的根拠は示されておりません。
高度の膝の変形のある方が、12ヶ月で効果がある確率は50%程度。
それよりも変形が軽い方が、65%程度と言われております。

Q.次に受けるときはどのくらいの間を開ければ良いですか?

A.決まりはありません。
1年に1回受ける方もいれば、連続で受ける方もいらっしゃるようです。
効果と治療費を天秤にかけて決めることになると思われます。

Q.どのくらいで効果が出ますか?

1~2週間から6ヶ月程度と幅があると思われます。
個人差も大きいです。

Q.安全性はどうですか?

A.ご自身の血液の成分を用いて作成しますので、拒絶反応のような副作用はなく安全性は高いと言えます。
重大な副作用の報告はありません。
一般的な注射の副作用はありえますが、その中でも注射部位の痛みや腫れぼったい感じは一般的な痛み止めで対応可能と思われます。

Q.注射したあとにお風呂に入って良いですか?

A.シャワー浴のみにしていただき、浴槽につかるのはやめておいてください。

Q.運動や仕事に制限がありますか?

A.制限はありません。

Q.確定申告で医療費控除の適応になりますか?

A.医療費控除の適応となりますので、領収書は大切に保険してください。

Q.先進医療特約のある保険に加入しておりますが、適応になりますか?

A.残念ながら適応にはなりません。

文責 上田 英範
(日本整形外科学会整形外科専門医)

院長 上田 英範