診療案内

MEDICAL

交通事故にあった(むち打ち、腰痛、打撲)

交通事故における外傷について

交通事故の多くは全く予期せぬ状況から、瞬間的にとても大きな力が加わることで起こります。
車と車の交通事故の場合は、首、腰などに症状が出ることが多く、首の場合は「むち打ち」と呼ばれることもあります。
車と人・バイク・自転車の場合は、打撲、傷などが多く、中には骨折など重大な外傷が起こることもあります。

交通事故による外傷の特徴

①後から症状が出ることが多い

受傷直後はなんともなかったけど、翌日から痛みが出てきたということがよくあります。

②症状が長引くことがある

レントゲンなどの画像で異常がないにも関わらず、首、腰の痛み、頭痛などが長引くことがあります。
車同士の事故の場合には、首や腰に瞬間的に大きな力が加わるためと考えられます。

③痛みが強い

首や腰などの痛みが強く出やすいです。
これも車同士の事故の場合、瞬間的にかかる力が大きいためと思われます。

④精神的なストレスの関与もある

症状が長引きやすいことにも関連しますが、交通事故にあった患者さんは精神的に大きなストレスを受けることになります。
慣れない警察や保険会社への対応、事故の相手への対応などがあったり、どうしても「ぶつけられた」という思いを抱いたりすることも痛みを長引かせる原因となる可能性があります。

交通事故による外傷の症状

画像や見た目で確認できるもの

骨折、打撲、傷等があります。

画像や見た目で確認できないもの

首の痛み(むち打ち)腰の痛み、頭痛、吐き気、耳鳴り、張り感、動かしにくさ、手足のしびれなどが出ることがあります。

交通事故による外傷の治療

痛みが強い時期は痛み止め湿布などを使用したり、筋緊張を緩和する薬を使用したりして痛みを取り除きます。
首や腰などの患部には、筋肉の硬さや張り感が出ることが多く、リハビリでストレッチなど運動指導を行ったり、電気治療を行うことで、筋緊張を緩和して痛みを軽減させます。
治療が長くかかることもありますが、少しずつ症状の緩和が得られます。

当院に受診される際のお願い

保険会社さんから当院に受診することをお伝えいただくようにお願いいたします。
受診される前にご連絡いただければ、患者さんの窓口での負担はありません。

保険会社さんの連絡の前に受診をされた場合は、一旦自費で治療費をお支払いいただきます。
保険会社さんから連絡があった後に、領収書をお持ちいただき返金とさせていただきますので、ご了承ください。
領収書は大切に保管をお願いいたします。

よくある質問

①保険会社さんに終わりと言われました。

交通事故の治療関しては、いつまでも受けられるというものではなく、期限があります。
約3ヶ月~半年となることが多いです。
治療を継続していても症状が改善しないと判断される(症状固定)と、治療終了となります。

②症状固定となったときに症状が残るときはどうすれば良いですか?

症状固定となっても症状が残るときは、「後遺障害診断書」を作成することができます。
「後遺障害診断書」の結果、等級が認定される可能性があります。

③事故から1ヶ月経過しているが、事故が原因だと証明してほしい

大変申し訳ありませんが、事故から時間が経過している場合は、事故との因果関係は不明と判断せざるを得ません。
そのような事態を避けるため、事故から遅くとも1週間以内には受診をお願いいたします。

文責 上田 英範
(日本整形外科学会整形外科専門医)

院長 上田 英範